募集要項

朝日国際学院入学者受入れの方針

 朝日国際学院は、「正しい実用的な日本語」において積極的に学ぶ意志があり、定めた課程を修了し、進学または就職するために必要な資質・能力を有する学生を求めています。多様な学生を迎え、互いに学び合えるよう、世界各国から学生を受入れています。

1. 申請資格

次の条件をすべて満たす者。

1.     申請時に日本国籍を有しない者。

2.     国の内外を問わず、学校教育における12年以上の課程を修了した者(「飛び級」や学校学制規定により通常の課程を12年未満で修了した者、及び朝日国際学院に入学する時点で卒業見込みの者を含む)。

3.     国の内外を問わず、日本語を150時間以上学び、各種日本語試験に合格、または追加書類締切日までに合格見込みの者。

【出願資格に関する注意事項】

  上記の申請資格1において「申請時」とは申請受付時間のことをさします。

  上記の申請資格3において「各種日本語試験」とは入国管理局の審査時に勉学意志・能力の有無を確認する上での判断資料と認める日本語試験のことをさします。

(1)  日本語能力試験

(2)  BJTビジネス日本語能力テスト・JLRT聴読解テスト

(3)  J. TEST日本語検定試験

(4)  STBJ標準ビジネス日本語テスト

(5)  TOPJ実用日本語運用能力試験

(6)  GNK生活・職能日本語検定試験

  その他、申請資格に不明な点がある場合は、事務局まで問い合わせてください。

2. 申請書類

   “留学ビザ申請書類”にてご確認ください。

【申請書類に関する注意事項】

  いったん提出された申請書類は返還しません。ただし、申請書類のうち、卒業証書、学位記等の原本、及び証明書類の原本が1通しかないなどの理由により返却が必要な場合は、在留資格審査結果発表後に、申請資料の控えとともに返送します。

  証明書は、原本を提出してください。日本語以外の言語による証明書を提出する場合は、証明書の原本とともに日本語翻訳を提出してください。翻訳について、公的機関による証明は不要です。

 提出書類の写しは原本を直接コピーしたもの(いわゆる一次コピー)に限ります。両面コピー等はしないでください。コピーの余白には写しを作成した日付,作成者の氏名及び申請人との関係を記載願います。

  申請書類に関して、不明な点がある場合は、提出に先立って事務局に問い合わせてください。

3. 申請方法

(1) 申請受付締切

4月期生   前年度の10月末日

7月期生   2月末日

10月期生  4月末日

1月期生   前年度の8月末日

(2) 申請手順

  「事前選考調査表」を御記入のうえ、ファクス(+81-471-444065)又はEメール(asahigakuin.info@gmail.com)にて朝日国際学院に送付し、事前選考を受けてください。選考結果は一週間以内に発表します。

  事前選考合格した者は正式申請書類を記入してください。「経費支弁書」は経費支弁者用です。(提出する前に必ずメールにて学校に送付してください。)

  各種証明書類を用意してください。(詳しくは“留学ビザ申請資料”をご確認ください)

  締切日までに全申請書類を朝日国際学院に郵送してください。

住 所:〒2770843 日本国千葉県柏市明原2-2-23

   2-23, 2-Chome, Akehara, Kashiwa-city, Chiba Pref., 2770843, Japan

受取人:朝日国際学院

   ASAHI INTERNATIONAL SCHOOL

電話: +81-471-461145

(3)  選考料

選考料の納入   22,000

選考料に関する注意事項】

     いったん納入された選考料は返還しません。ただし、下記Ⅰに該当し、Ⅱの手続方法に則り、請求があった場合のみ選考料を返還します。銀行振り込みにおける送金手数料は申請人負担となります。

     Ⅰ. 選考料の返還請求ができる場合

(a)  選考料を納入したが、申請書類を提出しなかった。

(b)  選考料を納入し、申請書類を提出したが、申請が受理されなかった。

(c)  選考料を誤って二重または過剰に納入した。

     Ⅱ. 返還請求方法

       選考料返還請求願及び選考料領収書(コピー可)を提出してください。

【申請に関する注意事項】

  申請期間を過ぎたもの、申請書類に不足、不備があるものは受け付けません。

  申請書類に事実に反する記載があった場合は、合格・入学を取り消すことがあります。

4. 在留資格合格発表

 入国管理局の日程に準ずる